子供が出来てからまた違った視点で、新鮮な気持ちで接客を楽しんでいます

2015年4月から約一年間の産休・育休期間を経て、現在社員からパートへ転向し復帰・活躍中の柳さん。実際に産休・育休を取得してみての気持ちや働き方の変化、お子さんとどんな毎日を過ごしているかなど、お母さんと店舗スタッフを両立する働き方について伺いました!

━ 産休・育休を経て復帰されていますが、実際に子育て支援制度を利用してみてどうでしたか?

初めはぼんやりとしかこの制度を知りませんでしたが、会社から丁寧な説明があり十分理解できました。出産に向けて費用もかかりますので補助金は大変助かります。

━ 産休に入るまでや復帰する前に不安はありましたか?

産休に入るまでは無理ができない状態が続き、周りのスタッフに相当ご迷惑をおかけしたと思います。しかし皆さん嫌な顔ひとつせずフォローしてくださり妊娠中もストレスなく働くことが出来ました。復帰することが決まって実際子育てと仕事を両立できるのか、他のスタッフに迷惑を掛けないか非常に不安でしたが、女性だけの職場で上司も子育てしながら仕事をしていることもあって、育児に関してとても理解してくれます。接客業はデスクワークと違い時間の融通が利かない職業ですが 周りのサポートによって、のびのびと働かせていただき、とても恵まれた環境だと日々感じています。

━ 今はどんな生活サイクル・ライフスタイルを送っていますか?

朝起きて朝食の準備。自分と子供の準備をして、保育園まで送って9時30分に出勤。16時30分に退勤し、すぐに子供を迎えに行き夕食の買い物をして帰宅。そして夕食の準備。朝起きるのが不得意なせいもありますが、朝の支度は子供もぐずったりするのでいつも戦争です。(笑)

━ 子育てと仕事の両立をする上での苦労や楽しいことはありますか?

いつ子供が熱を出すかわからないので、急に休んで迷惑をかけてしまうんじゃないかと、苦労というより不安に感じています。実際、急に休むことがあったときはシフト変更などして頂き、フォローしていただいています。苦労も多いですが、仕事をしていて離れている分、より子供といる時間を大切にしようと思いますし、休日に何して遊ぼうかといつも楽しみです。また、以前から子供が好きだったのでお客様と子供の話で盛り上がっていましたが、実際子供が出来ると違った視点でお客様とコミュニケーションがとれ、新鮮な気持ちで接客を楽しむことができています。